私のレシピ

主に食生活についてのブログです。食生活アドバイザー/食育インストラクター

切迫流産で休職

妊娠がわかってすぐ、出血が続いたので

仕事を抜けて病院に行ったら

「切迫流産」

と診断されて
2週間の自宅安静になりました。


もう翌日から仕事を休まなければならなかったので、会社に戻って上司に報告。


超初期なので、
まだ話したくはなかったのだけど、、


幸い、上司は男性だけど奥さんが切迫流産になったことがあったらしく、理解があり優しい言葉をかけてくれて、助かりました。



急ぎの仕事だけ片付けて、引き継ぎが難しいものだけ自宅に持ち帰り2週間で戻るつもりでお休みさせてもらうことになりました。


それから毎日寝たきりの日々。



が、


数日がたった朝、目が覚めたら異常に腰が痛くて

様子がおかしいことに気づきました。



トイレに行くと鮮血の出血。

あ、やばい…そう思いました。



主人を起こして、朝一で病院へ。

車の中で、もうダメかもしれないと思い

涙が溢れてきました。



内診してもらってまだお腹の中に居ることを確認。僅かながら胎芽も心拍も確認することができました。



この時本当にホッとして…


「まだわからないからとにかく安静にしてね」


と先生に言われ、初期の流産は赤ちゃん側の問題で防ぐことが出来ないからでしょうか。

特に薬も出されませんでした。



安静にしていてもダメな時はダメ

ということらしい。




それから不安な日が続きました。

お腹の痛み、吐き気、貧血などが続いてご飯が食べれないこともありました。



出血が止まると同時に少しずつ、症状もマシになっていったような気がします。




そして6週が終わりかけた頃。


胎芽の成長が確認できて子宮内にあった出血もなくなり、山は越えました。



でも、無事に産まれるまで何があるかわからないということ。


ずっとこの不安と付き合っていくのだなと覚悟しました。



何の症状もなく、順調に出産する人も多いけど…切迫流産も意外と身近だということを知りました。




そうこうしてたら今度は地獄のようなつわりが始まります。



つづく。。